仮面ライダーGIRLS

グループ名

仮面ライダーGIRLS

 

読み方

かめんらいだーがーるず

 

おすすめYoutube映像

 

公式ホームページ

https://kamenridergirls.jp/

 

公式Twitter

なし

 

メンバーTwitter

井坂仁美
https://twitter.com/hitomi_isaka

秋田知里
https://twitter.com/Chisato_Wizard

鷲見友美ジェナ
https://twitter.com/jiena_gaim

 

グループ概要

仮面ライダーシリーズ40周年を記念して結成されたシリーズ初の女の子ライダーユニット。

主な活動としては、仮面ライダーを題材にした映画の主題歌や劇中歌、ゲームのテーマソングなど楽曲の歌唱、超英雄祭など東映特撮関連イベントへの出演がある。
東映の動画配信サービス「東映特撮ファンクラブ」の大使も務めている。

ワンマンライブや兄貴分ユニットRIDER CHIPSとのツーマンライブなども積極的に開催しており、彼女たちのライブには仮面ライダーが出演することもある。 結成から2015年までは各メンバーに担当の仮面ライダーを設定し変身ベルトを衣装の上から着用していたが、のちに担当ライダー制は廃止となった。
結成当初アイドルユニットとしてスタートしているが、後にハードロック路線へ音楽性を再設定している。

2010年10月、東映、日本コロムビア、エイベックス・エンタテインメントによる3社合同イベント『スーパーヒーローミュージックスタジオ VOL.0』の出演者として、「仮面ライダーガールズ」の名を発表した。
同年11月、オーディションにより名倉かおり、吉住絵里加、廣川由里香、井坂仁美、安田奈央の5人が選ばれる。
11月29日に『スーパーヒーローミュージックスタジオ VOL.0』でデビューした。

2011年4月、ファーストシングル『Let's Go RiderKick 2011』をリリース。
同年11月、オーディションにより遠藤三貴が加入した。
同年12月、廣川が病気療養(病名等は公開されず)に入り、以降は名倉、吉住、井坂、安田、遠藤の5人で活動した。

2012年9月、『仮面ライダーウィザード公開記者発表イベント〜仮面ライダーウィザード G&Cミュージックマジック〜』より秋田知里が加入し、名倉、吉住、井坂、安田、遠藤、秋田の6人で活動することを発表した。
なお、廣川については、公式サイトおよび公式ブログからプロフィールが外されたが、脱退は発表されなかった。
同年10月、メンバーが週替わりでアシスタントを務めるラジオ番組『東映公認 鈴村健一・神谷浩史の仮面ラジレンジャー』が放送が開始となった。

2013年7月、SHOCKER GIRLS(ショッカーガールズ)名義でシングル『SSS〜Shock Shocker Shockest〜』をリリース。
同年10月より鷲見友美ジェナが加入。2ndワンマンライブでお披露目となった。

2015年1月、名倉の卒業予定を発表し、4月26日に卒業した。
同年5月、ディレクターの河野裕介がavexを退社し、ユニットのプロデュースから外れた。
同年9月、安田の卒業予定を発表した。 同年11月、黒田絢子の加入が公式サイトで発表され、『超GIRLS祭!! ~11月の巻~』で紹介された。
同月末に吉住の卒業予定が発表された。

2016年1月、『超GIRLS祭!! ~お待たせしました。私達、仮面ライダーGIRLSと申します。~in HARAJYUKU』にて、卒業予定であった安田と吉住が卒業した。
また黒田の加入をもって、それまで個々につけられていた担当ライダーを外し、衣装からも担当ライダーの変身ベルトを排除したことを発表した。
これを機にライダーだけではなく、全特撮を応援する意気込みも表している。

2017年3月、遠藤が卒業、井坂、秋田、鷲見、黒田の4人体制となる。同年4月、冠ラジオ番組「レッツゴー!仮面ライダーGIRLS」放送開始。5月3日、4人体制初のワンマンライブとなる『7thワンマンライブ~GAME START~』第二部にて遠藤が一夜限りの復帰を果たし、完全卒業となる卒業式を行った。

2018年3月22日、ファンクラブ「ハートの秘密基地」をプレオープン、同年4月1日に正式オープンした。
同年12月31日、FCサイトにて、翌年3月末での黒田の卒業が発表された。

2019年4月、黒田が卒業し井坂、秋田、鷲見の3人体制となる。

関連記事



-

© 2020 地下アイドルまとめサイト