Task have Fun

グループ名

Task have Fun

 

読み方

タスクハブファン

 

おすすめYoutube映像

 

公式ホームページ

https://taskhavefun.net/

 

公式Twitter

 

メンバーTwitter

熊澤風花
https://twitter.com/Task_fuuka

白岡今日花
https://twitter.com/Task_kyouka

里仲菜月
https://twitter.com/Task_Natsuki

 

グループ概要

通称「タスク」。
芸能事務所「Velvet manegement」に所属する当時中学生の女性アイドル、白岡今日花・熊澤風花・里仲菜月の3名によるユニットが発足。

2016年2月に仮名「TASK part ONE」として、都内の対バンにプレステージ初参加。
そして、正式ユニット名が「Task have Fun」に決定し、同年5月から正規に活動を開始。
同月末にデビュー・ワンマンライブを開催し、同日にシングル・デビューも飾る。
更なる主催ライブの開催や数多くの対バン参加で実績を積み、デビューからの1年間で出演したライブは150本以上に至った。

ユニット名「Task have Fun (タスク・ハブ・ファン)」は、和訳すると『課題を・仕事を・務めを=楽しもう・楽しんでいる』などになる。
オフィシャルでは『人生の課題(Task)を楽しみながらクリアしていこう』というコンセプトからとしている。

それは実際に、単独ライブなどのイベント毎にユニットに対して課題を課し、メンバーの成長を促す企画をファンサービスとして売りにしている。
これまでの企画課題は、集客数・生ギター演奏・写真展示会の実現・アパレルのデザイン・作詞・振付・プロデュース公演・即席セットリストなどがある。

オリジナルのオープニングSE「Begin the Task (ouverture)」に合わせ、白岡・熊澤・里仲の順で披露する入場形式を導入。
登場後 即時楽曲パフォーマンスを展開し、合間または最後に自己紹介をするスタイルを基本としている。

挨拶は、冒頭で「イェイ」と入れてから名乗る(※イェイ、○○○○です)。
終わりもオリジナルのエンディングSEをバックに、「Woo〜タスク、帰ります」などの台詞で締めて退場する。

当初は、メンバーに赤 (熊澤)・青 (白岡)・緑 (里仲) のイメージカラーを設定していたが、早々に形骸化して頻度が低下。
以降は時々の要所で採用され、衣裳や意匠等の色割り当ては流動的となっている。

結成から女性アイドルの祭典「TOKYO IDOL FES」に3年連続出場している。
2019年は、指原莉乃と土田晃之がMCをする「この指とまれ」でTIF内で公開収録され、ゆるいトークで会場内の笑いを誘った。

関連記事



-

© 2020 地下アイドルまとめサイト